Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)「Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 比翼連理のアンダーリン 1」海羽超史郎

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)
Steins;Gateシュタインズ・ゲート) 比翼連理のアンダーリン 1
文庫本

本Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 比翼連理のアンダーリン 1 内容
◎作品:Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)
◎原作:5pb.、ニトロプラス
◎著者:海羽超史郎
◎イラスト:huke、松尾ゆきひろ

◎出版社:富士見書房
★富士見ドラゴンブック(dragon book)

◎サイズ:文庫
◎ページ数:379ページ
◎文庫本発売日:2011年12月
◎文庫本価格:735円(税込)

本Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 比翼連理のアンダーリン 1 詳細
◎Xboxで発売されたファンディスク
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 比翼恋理のだーりん
をノベライズした作品

本Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 比翼連理のアンダーリン 1 ストーリー
8人の鳳凰院凶真により、比翼“連”理の世界線が紡がれる

狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真こと岡部倫太郎が目覚めると、
目の前には7人の凶真が!?
「我が名はー鳳凰院凶真ッ!」
室内に響く、“俺たち”の声。
それは「比翼『連』理」の世界線で紡がれる、新たな運命石の扉が開く音。
そして繰り広げられる「未来ガジェット研究所」のラボメンたちによる楽しくも騒がしい日々。
だが待て、何だこの違和感は…?


Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 比翼連理のアンダーリン 1

本Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 文庫本
STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 2 円環連鎖のウロボロス
STEINS;GATE 3 境界面上のシュタインズ・ゲート:Rebirth
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 比翼連理のアンダーリン 2

本シュタインズ・ゲート 本
カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス
シュタインズ・ゲート 公式資料集
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 相思相愛のトゥルーメモリーズ
TVアニメ Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) オフィシャルガイドブック 記憶補完のモノグラフ

ゲームSteins;Gate(シュタインズ・ゲート) ゲーム
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 比翼恋理のだーりん 限定版
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 限定版

C3 -シーキューブ-「C3 -シーキューブ- 13」水瀬葉月

C3 -シーキューブ-
C3 -シーキューブ- 13
文庫本

本C3 -シーキューブ- 13 内容
◎作品:C3 -シーキューブ-
◎著者:水瀬葉月
◎イラスト:さそりがため

◎出版社:アスキー・メディアワークス、角川グループパブリッシング
★電撃文庫

◎サイズ:文庫
◎ページ数:395ページ
◎文庫本発売日:2011年12月

本C3 -シーキューブ- 13 詳細
◎「C3 -シーキューブ-」短編集第2弾
◎「電撃文庫MAGAZINE」に掲載された4編
◎書き下ろしではやたらと変態的な偽春亮が登場?
◎本編では見られないフィアや春亮達の日常の合間おもしろエピソード

本C3 -シーキューブ- 13 ストーリー
ン・イゾイーと一緒に銭湯で肌色祭り。
飲んではいけないアレを飲んでしまって乱れるこのは。
「ふれあいわんにゃんパーク」で白穂が春亮とデート!?
そしてフィアが迎える初めての雪の日。
(「BOOK」データベースより)

本C3 -シーキューブ- 13 コンテンツ
◎湯けむりに消えたヌポワ
◎妖刀村正血風録
◎びゅーてぃ・あんど・ざ・びーすと?-桜参白穂、狂奔する
◎スノウメルトの人口密度
◎汝は春亮なりや?-Imitation of Life


C3 -シーキューブ- 13

本C3 -シーキューブ- 本

灼眼のシャナ「灼眼のシャナ 22」高橋弥七郎

灼眼のシャナ
灼眼のシャナ 22
文庫本

📖「灼眼のシャナ 22 内容

◎作品:灼眼のシャナ
◎著者:高橋弥七郎
◎イラスト:いとうのいぢ

◎出版社:アスキー・メディアワークス、角川グループパブリッシング
★電撃文庫

◎サイズ:文庫
◎ページ数:405ページ
◎文庫本発売日:2011年10月

📖「灼眼のシャナ 22 ストーリー

“徒”の理想郷『無何有鏡』創造を巡り、
“祭礼の蛇”の代行体・坂井悠二と、フレイムヘイズ『炎髪灼眼の討ち手』シャナが、
刃を交えていた。
その渦中、琥珀色の風が吹いた。
吉田一美が、宝具『ヒラルダ』へ願った想いを受け、“彩飄”フィレスが戦場に現れる。
一大決戦の舞台となった御崎市は、この転機と共に、激動を経て終幕へと向かう。
フィレスを呼んだ吉田。
生け贄のヘカテー、ほくそ笑むベルペオル、『真宰社』を支えるシュドナイ。
襲来する“徒”を屠るカムシン、上空に舞うヴィルヘルミナ、そこへ向かうマージョリー。
そして、対峙するシャナと悠二。
人間、“徒”、フレイムヘイズ。
彼らが向かう先が、今ここで決まる。
すべては、悠二とシャナの決着の行方にゆだねられていた。
(「BOOK」データベースより)

📖「灼眼のシャナ 22 詳細

◎最終巻

✒「灼眼のシャナ 22 著者情報

◎高橋弥七郎(タカハシヤシチロウ)
◎大阪出身
◎ライトノベル作家

📝「灼眼のシャナ メモ

◎2000年代中期、ライトノベル代表作品
◎2007年シリーズ累計400万部を突破


灼眼のシャナ〈22〉 (電撃文庫)

📖「灼眼のシャナ 文庫本

灼眼のシャナ 21

🎁「灼眼のシャナ グッズ

灼眼のシャナ デスクトップマスコット